「冬虫夏草・続真定点観測」

jeciwai.exblog.jp
ブログトップ

映画「天空の蜂」の感想を少し。

a0138219_15463517.png


昨日映画「天空の蜂」を見てきました。

ダイレクトが僕に東野圭吾の本をたくさん貸してくれた。

「天空の蜂」はリハビリ病院にお見舞いで持ってきてくれた中の1冊だった。

実際に読んだのは退院後自宅だった。そして個人的に面白かった。

「天空の蜂」は加賀恭一郎シリーズの次にお気に入りの作品だ。しかも堤幸彦監督だ。

これは見逃せない。内容が内容なだけに映画化は無理だと思ってた。

多分3・11の過酷な現実があればこそ映画化できたと推測される。テーマは重い、

映画「天空の蜂」は個人的に面白かったです。堤幸彦監督のカメラワークも良いですね。

ネタバレになるので細かく書きませんが映画らしい設定変更やストーリー変更がありました。

ただコンプライアンスのためにちょっとがっかりな一面も(笑)。でも仕方ないですね。

オープニングとエンディングは個人的には「?」ですが十分おススメ作品でした。


[PR]
by jec-y | 2015-09-25 16:25 | 僕の話